日本最大級 【新品未開封】Apple Pencil 第1世代 アップルペンシル ホワイト系 アップル PC周辺機器

日本最大級 【新品未開封】Apple Pencil 第1世代 アップルペンシル ホワイト系 アップル PC周辺機器 ホワイト系 送料込み(出品者負担) ゆうゆうメルカリ便 東京都 1~2日で発送,Apple,APPLE,apple,アップル,アップルペンシル
ご覧いただきありがとうございます。アップルペンシル第1世代です。2年前に自分が買った直後に家族が買ってきてしまい、結局使わずに保管しておりました。正規品、新品未開封ですが、あくまで個人宅での保管ですので、細かいことを気にされる方はご購入をご遠慮ください。#Apple#APPLE#apple#アップル#アップルペンシル商品の情報家電・スマホ・カメラ>PC/タブレット>PC周辺機器商品の状態:新品、未使用ブランド:アップル
アップルペンシルApplePencil【第1世代】開封レビュー 【レビュー】いまさらですが「ApplePencil 第1世代」の開封レビューです 今買うべき?iPad第9世代とApplePencilの解説・レビュー|イラスト初心者・ゲーム用に向き 【新旧比較】第1世代Apple Pencilと新型の第2世代Apple Pencilを比較【アップルペンシル】 【ペアリング】Apple Pencil(第1世代・第2世代)の接続方法 【iPad】初代Apple Pencil描き心地&第1世代iPad【お絵描きしてみた】 Apple Pencil第一世代と第二世代の違いを比較レビュー!iPad購入前に確認 純正Apple Pencil似で格安!iPad無印(第9世代)用にKINGONEスタイラスペンがコスパ最強  ipad mini 6 unboxing \u0026 accessories + making my lockscreen iPad Air 4 + Apple Pencil + アクセサリの開梱 2023 M3 MacBook Airは凄いことになりそう!待つべき?価格と新機能5つ! トラックパッドが純正並!このiPadキーボードケースが凄い!Magic Keyboardとの比較と注意点![GOOJODOQ A1890 レビュー] 【iPad格安ペンシル】Apple Pencilはもう買わなくていい!AiSFUL/ApplePencil2と比較 /無印第9世代/KINGONE/JAMJAKE/タッチペン/スタイラス iPad 9th Gen and Apple Pencil 1st Gen 2023 Unboxing and Review! Apple Pencil 第 1 世代の開封、セットアップ、および第一印象! 本当にiPadいる?【ガジェ談】 【究極のApplepencil互換】ワイヤレス充電できるKINGONE最新スタイラスペンをレビュー。円安でApple製品値上げにもめげない、3000円台のペンをレビュー【再掲】 Apple Pencil第一世代の開封とペンシル充電残量の確認 悲報・Apple Pencilが! Apple Pencil新旧比較!機能の違いを解説、どちらを選べばいいのか? Apple Pencilの基本から活用まで! 持っている方、買ったばかりの方もぜひご覧ください。
  1. ホーム
  2. PC周辺機器
  3. 【新品未開封】Apple Pencil 第1世代 アップルペンシル
日本最大級 【新品未開封】Apple Pencil 第1世代 アップルペンシル ホワイト系 アップル PC周辺機器 日本最大級 【新品未開封】Apple Pencil 第1世代 アップルペンシル ホワイト系 アップル PC周辺機器
コンパクトで使いやすい - by , 2023/06/07
4.0/ 5stars
デスクワークが多い仕事なので、机の上はできるだけ広く使いたい、そんな人にはありがたいアイテムの一つかも。基本はバスパワーで使うので持ち運びも楽。ハイパワーを要求するデバイスを接続するときはType-Cケーブルで外部から電源供給も可能。個別スイッチが付いているので無駄な電力消費も抑えられる。価格的にも納得感が高い。
オーディオ選択用に使っていて便利です。 - by , 2023/06/06
5.0/ 5stars
ワイヤレスヘッドセット・据え置きマイク・有線ヘッドホン・スピーカーを任意に選ぶのに使用しています。PC設定でも選択できるのですがキーボード周辺に配置して使いたいときに気軽にオーディオを選択できるのが便利です。
思ったより良かった - by , 2023/06/06
4.0/ 5stars
見た目は少し安っぽいですが、スイッチを手前にしてUSB差込口を奥側にすることで、USBの配線が見えなくなりとてもスッキリしました。ほとんどのUSBハブは、スイッチのすぐ横にUSBの差込口があるものばかりで、USBを差した時に配線がごちゃごちゃして見栄えが悪いのでこれを選んで正解でした。認識しないポートがあるなどのレビューがあったので不安でしたが、7ポート全て問題なく認識していて転送スピードも問題ありませんでした。スリムで場所も取らないので、もう一つ購入予定です。
USB電源供給が怪しい - by , 2023/06/05
3.0/ 5stars
スイッチ付きUSBハブを壁に貼り付けて固定して使うつもり購入。これを選んだ理由は、以前買った同じatollaの4ポートハブが安定して良かったことと、壁に貼り付けて、しかも、つなぐUSB機器をある程度固定して使う関係上、USBポートが横向き(壁に貼り付けたとき下からUSB-Aを差し込む)になることがポイントだった。横向きUSBポートでスイッチ付きはこれ以外見つからなかった。バスパワーの外付けHDD(2.5インチ)はそのままでは動作しない。おそらくUSB電源供給が足りないのだろうと思い、別の目的で用意していたUSB-PD(Type-C)電源65Wを接続したら、バスパワーHDDも駆動できるようだった。このUSBハブは5V900mA電源しか受けないようなので、65WのPD電源は過剰性能だが。しかし、そのバスパワー外付けHDDをPD電源で使用しているときに、別のUSBポートの電源を切り替えると、外付けHDDの接続が一旦切れるのは大問題。常に起こる訳では無いが、高確率で瞬断のように切れてデータ転送が途切れ、USB-HDDを再認識してしまう。これは、ちょっといただけない。おそらく別ポートの電源ONで、全体の供給電圧が瞬間的に下がってしまうのだろう。その「別ポート」でONするUSBデバイスは特に大きな電力を必要とするものではないのだが。。。というわけで、USBストレージ(特にUSB-HDD)でデータ転送しているときは、怖くて他のポートのON/OFFができない。USBマウスとかなら、一瞬切れたとしてもすぐに復帰するなら、まだ許容範囲なのだが。ちなみに、セルフパワータイプのUSB外付けHDD(3.5インチ)を繋いでいるときは、このような現象はまだ確認していないので、やはりこのハブから電源を供給するのは消費電力が少ないデバイスに限った方が良いのだろう。たとえ、追加のType-C電源をつないでいても。
古いUSB機器で認識しない物がある - by , 2023/06/03
4.0/ 5stars
バスパワータイプは不安定なのでセルフパワータイプのものを探していたのですが、海外製品の付属ACアダプタはPSEマークが無い物が多いらしくて怖いのでType-C給電タイプのこれを購入。USB3.0の機器の接続に関しては今のところ不満はないですが、一部のUSB1.1やUSB2.0の古い機器では認識しないものがあったのでそこが不満点。
1ポート認識しませんでした。商品を交換してからは問題なく使えています。 - by , 2023/06/03
4.0/ 5stars
左から3番目のポートが認識しませんでした。通電はしているようでUSBライトは点灯しましたが、USBメモリやスキャナを接続しても認識しませんでした。他のポートも不安定でしたので返品しました。追記新たに同じものを購入し使用しています。現在は問題なく作動しています。この間、サポートがとても丁寧で、安心して使用しています。
本来の用途外ですがGOOD - by , 2023/06/03
4.0/ 5stars
少年野球のSBOカウントボード自作の際、使用しました。100均のUSB対応LED電球を7つとモバイルバッテリーを接続し各スイッチで点灯操作します。持って操作しやすく各スイッチにLEDがあるため手元で点灯確認が容易です。計3500円で自作できました。
コンパクトでサイド面にUSBの差込口があるので使いやすい。 - by , 2023/06/03
4.0/ 5stars
 7つ個別スイッチのUSBハブを探していてこの商品が私の使用目的にピッタリと思い購入しました。サイズがコンパクトで厚さも薄く特にサイド面にUSBの差込口があるので私の使い方の希望となりました。コードも1メートルあり十分でした。希望ですがスイッチ確認LEDが点灯が見にくい点です。
意外と便利 - by , 2023/06/03
5.0/ 5stars
他のUsbハブでは少し安定しなかった物も安定していると思います。買う前はスイッチなんていらないと思っていたのですが、端子数も多いので普段は使わず、たまに使うものを指しっぱなしにしてスイッチOFFにしたりしています(パソリとか、ROMライターとか)Usbを抜き差しでリセットしたいときも、スイッチ操作で代用できるので便利です。スイッチあって良かった。

2023年最新】apple pencilの人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencilの人気アイテム - メルカリ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

ヤフオク! -apple pencil 第1世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第1世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

第1世代 pencilの新品・未使用品・中古品|PayPayフリマ

Apple Pencil 第1世代 MK0C2J/A アップル|Apple 通販 | ビックカメラ.com

Apple Pencil 第1世代 MK0C2J/A アップル|Apple 通販 | ビックカメラ.com

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencilの人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencilの人気アイテム - メルカリ

□新品未開封□Apple Pencil 第1世代 www.fongc.org

□新品未開封□Apple Pencil 第1世代 www.fongc.org

2023年最新】アップルペンシル 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】アップルペンシル 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

Apple Pencil 第1世代新品未使用未開封 携帯電話 | worldgator.hungry.jp

Apple Pencil 第1世代新品未使用未開封 携帯電話 | worldgator.hungry.jp

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

Apple Pencil 第1世代 新品未使用 www.fongc.org

Apple Pencil 第1世代 新品未使用 www.fongc.org

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】appleペンシル 第1世代 新品の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】appleペンシル 第1世代 新品の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】appleペンシル 第1世代 新品の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】appleペンシル 第1世代 新品の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第一世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -アップルペンシルの中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】appleペンシル 第1世代 新品の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】appleペンシル 第1世代 新品の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

ヤフオク! -apple pencil 第一世代の中古品・新品・未使用品一覧

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】apple pencil 第1世代の人気アイテム - メルカリ

2023年最新】アップルペンシルの人気アイテム - メルカリ

2023年最新】アップルペンシルの人気アイテム - メルカリ

ビックカメラ.com - Apple Pencil 第1世代 MK0C2J/A

ビックカメラ.com - Apple Pencil 第1世代 MK0C2J/A

  • BUFFALO HDPGF5.0U3GBKA ポータブルHDD 5TB
    ¥16500 ¥11550
    BUFFALO HDPGF5.0U3GBKA ポータブルHDD 5TB
  • 【美品】LaCie 外付けハードディスク 3TB FireWire400/800
    ¥15000 ¥10500
    【美品】LaCie 外付けハードディスク 3TB FireWire400/800
  • LGX2 キャプチャーボード
    ¥18000 ¥12600
    LGX2 キャプチャーボード
  • アイオーデータ NAS 4TB 2.5GbE  専用HDD付 WD RED
    ¥29400 ¥20580
    アイオーデータ NAS 4TB 2.5GbE 専用HDD付 WD RED
  • Surface Go 3 LTE Corei3
    ¥84000 ¥25200
    Surface Go 3 LTE Corei3
  • motorola razr 5g 美品
    ¥88000 ¥26400
    motorola razr 5g 美品
  • Razer Viper Ultimate Mercury White
    ¥10000 ¥8000
    Razer Viper Ultimate Mercury White
  • Vive tracker 2018 3個セット バイブトラッカー2018
    ¥37500 ¥18750
    Vive tracker 2018 3個セット バイブトラッカー2018
  • Anker Nebula Capsule II
    ¥44000 ¥17600
    Anker Nebula Capsule II
  • Canon プリンター A3 インクジェット複合機 TR9530 ホワイト
    ¥39800 ¥19900
    Canon プリンター A3 インクジェット複合機 TR9530 ホワイト
  • Apple TV 4K 第2世代 32GB Apple MXGY2J/A
    ¥16000 ¥11200
    Apple TV 4K 第2世代 32GB Apple MXGY2J/A
  • Trust GXT870 TKLゲーミングキーボード
    ¥25000 ¥17500
    Trust GXT870 TKLゲーミングキーボード
  • Logicool G502 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウス
    ¥11000 ¥8800
    Logicool G502 LIGHTSPEEDワイヤレスゲーミングマウス
  • シルエットカメオ4 silhouette CAMEO4 カッティングマシン
    ¥28000 ¥19600
    シルエットカメオ4 silhouette CAMEO4 カッティングマシン
  • HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨
    ¥29000 ¥20300
    HHKB Professional HYBRID Type-S 英語配列/墨
  • 再値下げ!富士通 scansnap ix1600
    ¥40000 ¥16000
    再値下げ!富士通 scansnap ix1600
  • ★最終値下げ★【即決OK!】Wacom ワコム DTH-1152
    ¥11000 ¥8800
    ★最終値下げ★【即決OK!】Wacom ワコム DTH-1152
  • APPLE WATCH SE 40mm A2351 アップルウォッチ
    ¥35000 ¥17500
    APPLE WATCH SE 40mm A2351 アップルウォッチ
  • H様_新品同様 TourBox Elite bluetooth無線モデル 半透明
    ¥31000 ¥15500
    H様_新品同様 TourBox Elite bluetooth無線モデル 半透明
  • EPSON EP-977A3 ノズル詰まりのみ イエローインク、洗浄インク付き
    ¥13000 ¥10400
    EPSON EP-977A3 ノズル詰まりのみ イエローインク、洗浄インク付き
    • 最終更新日:2022.08.31
    • 公開日:2022.08.31

    実店舗がなくなる時代は来る?ECとの役割の違いや使い分け、強みを生かす連携方法まで

    実店舗がなくなる時代は来る?ECとの役割の違いや使い分け、強みを生かす連携方法まで
    • BtoC
    • EC
    • オムニチャネル
    • お役立ち情報
    • 用語・知識

    まだまだ実店舗が優勢の現状

    近年では、スマートフォンの普及や、新型コロナウイルスの拡大によってオンラインサービスが発展しています。インターネット上で商品を購入するECも例にもれず、大幅にシェアを伸ばしているのが現状です。
    一方、株式会社ネオマーケティングの2021年9月の調査によると、あらゆるジャンルの商品においてECよりも実店舗を利用しているとの結果が出ています。「本・CD・DVD」や「ゲーム・ホビー」では、EC派と実店舗派がほぼ同数となっているものの、全体としては実店舗がまだまだ優勢であるといえるでしょう。
    以下では、同調査をもとに、実店舗とECの現状について解説します。

    実店舗で購入する理由

    「主に実店舗で購入する」と回答した人について、実店舗で購入する理由を調査したところ、以下のような理由が多くを占めていました。

    • 陳列棚にある商品全体を見たいから
    • その商品を生で見て決めたいから
    • すぐに手に入れたいから

    やはり実際の商品を見られる点は、実店舗の強みです。とくに「衣類・ファッション小物」については56.8%の人が「その商品を生で見て決めたいから」と回答しています。

    オンラインで購入する理由

    「主にオンラインで購入する」と回答した人について、オンラインで購入する理由を調査したところ、以下のような理由が多くを占めていました。

    • 欲しいものが実店舗にないから
    • ゆっくり選びたいから
    • 実店舗より安いから

    調査結果によると、品揃えや安さを理由にオンラインで購入する方が多いようです。上記のほかに「実店舗の接客を受けたくないから」と回答している人も一定数おり、誰にも邪魔されずにゆっくり商品を選ぶことに対するニーズも根強いとわかります。

    実店舗とオンラインの使い分け方

    「実店舗とオンラインショップ半々」と回答した人について、実店舗とオンラインの使い分け方を調査したところ、以下のような理由が多くを占めていました。

    • 安いかどうか
    • すぐ必要かどうか

    あらゆるジャンルにおいて「価格」を基準とする人がもっとも多く、続いて「緊急性」で判断する結果となりました。ECには全国のショップから安いものを探せる強みがある一方、商品が届くまでの時間を気にする消費者も多く、いまだ実店舗が優勢となっていると考えられます。

    引用:生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なうネオマーケティングが実施した調査結果
    https://neo-m.jp/investigation/3227/

    実店舗とEC(オンライン)の違い

    実店舗とオフラインの違いとは
    実店舗とECは、商品を販売する点においては共通していますが、それぞれまったく異なる販売方法です。どちらの販売方法を採用するとしても、特徴や違いを活かせないと売上をあげるのは難しいでしょう。
    以下では、実店舗とECの違いについて解説します。

    来店動機

    実店舗の場合、多くの顧客が店舗の雰囲気や外観を見て来店します。直感的に興味をもった店舗を訪れるケースが多く、店舗のコンセプトやターゲットに合わせた店舗づくりがポイントです。
    一方、ECの場合は目的の商品ありきで来店する顧客がほとんどです。検索を利用して流入する特性上、商品名で検索した顧客が来店しやすくなります。

    場所・営業時間

    実店舗の場合、顧客が商品を購入できる場所や時間は、店舗に依存します。店舗の営業時間内、立地によって、機会損失につながる可能性は高くなります。
    一方、ECの場合は特定の場所や時間に縛られません。基本的には、世界中の顧客がいつでも商品を購入できます。

    店舗費用

    実店舗の場合、店舗を構える必要があるため、地代家賃がかかります。契約時の保証金や礼金、毎月の家賃、店舗の内装・外装費のほか、人件費や水光熱費を含めると、店舗の運営にかかる費用だけでも高コストです。
    一方、ECの場合は、店舗の出店や維持にかかる費用を大幅に抑えられます。ECサイトの規模にもよりますが、初期費用・月額費用をほとんどかけずに運営することも可能です。

    購入行動

    実店舗の場合、顧客は実際に商品を手にとったり、試したりして購入を決めます。さらに、悩んでいる顧客に対しては、スタッフが声をかけて購入を後押しできるため、購入を促しやすい点が特徴です。
    一方、ECの場合は商品画像やレビューを参考に購入を決定するしかありません。そのため、商品の画像、寸法、レビューなどの情報は充実させておくことが重要です。

    集客

    実店舗の場合、商圏は店舗の周辺地域に限られます。そのため、地域でターゲティングして取り組める集客施策がおすすめです。たとえば、地域の刊行物、ポスティングなどの方法があげられます。
    一方、ECの場合はリスティング広告やSNS広告などのオンライン広告が中心です。ターゲットのユーザー属性を分析したうえで、予算や特性に合わせた手法を検討するのがポイントです。

    接客

    実店舗の場合、対面で接客できる点が強みです。顧客の悩みや疑問を引き出しやすいだけでなく、顧客のロイヤリティを高められます。
    一方、ECの場合は直接接客することができず、顧客の離脱につながりやすいといえます。また、問い合わせ方法がわかりにくいと、顧客にストレスを与える原因にもなりかねません。チャットや問い合わせのサービスを充実させることがポイントです。

    決済

    実店舗の場合、キャッシュレス決済の利用率が増えているものの、現金による決済が中心です。中国をはじめ、キャッシュレス先進国においては、キャッシュレスのみの店舗も多く登場していますが、日本では現金を利用できない店舗はそれほど多くありません。
    一方、ECの場合は基本的にキャッシュレス決済が中心です。代金引換、コンビニ支払い、銀行振込などを利用すると現金でも決済できますが、ほとんどの顧客はクレジットカードやコード決済を利用するでしょう。

    配送

    実店舗の場合、基本的には店舗で商品を受け渡すケースがほとんどです。一部の大型商品を除いて配送サービスはあまり必要ありません。
    ただし、近年ではオムニチャネルの一環として、実店舗で購入した商品の自宅配送に対応する店舗が増えているため、実店舗とECを併用している場合は導入を検討するのもよいでしょう。
    一方、ECの場合は配送が必須です。配送料は顧客にとって商品の購入を左右する要素であるうえ、安易に無料にしてしまうと利益を圧迫するため、適切なラインで設定すべきです。

    信用

    実店舗の場合、店舗としての実態があり、店員と対面して商品を購入できることから安心感を与えやすいビジネスモデルです。利用したことのない店舗でも、来店時に多くの顧客が利用していれば、品質の面でも信用を得ていると考えられます。
    一方、ECの場合は実店舗に比べると、信用が得られにくい面があります。とくに会社概要やプライバシーポリシー、返品やキャンセルへの対応などを記載していないと、不安に感じる顧客が多いでしょう。誠意をもって運営していることが伝わるようなサイトづくりが大切です。

    実店舗とECのメリット・デメリット

    メリットとデメリット
    前述のとおり、実店舗とECはまったく異なる販売方法です。そのため、それぞれ独自のメリット・デメリットがあります。どちらの販売方法にするか、どう使い分けるかを考えるうえで両者のメリット・デメリットを理解することは非常に重要です。
    以下では、実店舗とECのメリットとデメリットについて解説します。

    実店舗のメリット

    実店舗には、以下のようなメリットがあります。

    • 実際の商品を手に取って見られる
    • 対面してコミュニケーションができる

    商品を手に取って見てもらえる

    実際に商品を手に取れる点は、店舗側と顧客側の双方にとってメリットです。店舗は商品の魅力を伝えやすく、顧客は商品の色味やサイズ、質感などを明確に把握できます。とくに衣料品の場合は試着してから購入できるため、安心感があります。

    対面の接客でコミュニケーションできる

    実店舗では対面して接客できるため、顧客の購入を後押しできます。購入を悩んでいる理由、不安をヒアリングしたうえで解消できれば、購入につながる可能性を高められます。
    また、顧客のニーズを引き出しやすい点も対面ならではの強みです。接客を通してそれぞれの商品について、どんな顧客層からどれくらい人気があるのかを理解できるため、顧客へのおすすめや商品の企画に役立ちます。

    実店舗のデメリット

    実店舗には、以下のようなデメリットがあります。

    • 場所によっては集客が難しい
    • コストがかかる

    立地など場所によって集客が難しい

    実店舗の商圏となるのは、基本的に店舗から限られた範囲内に生活圏がある顧客のみです。店舗の近くに家や学校、会社などがある人が顧客となります。そのため、店舗周辺を生活圏とする人が少ない場合、集客の難易度は格段に上がります。

    店舗費用などコストがかかる

    実店舗の運営には、家賃や水光熱費、人件費などのコストがかかります。立地や広さによって差はありますが、都市部の場合には固定費だけで月あたりのコストが数百万円にのぼるケースも少なくありません。

    ECのメリット

    ECには、以下のようなメリットがあります。

    • 場所や時間に縛られない
    • コストを抑えられる
    • デジタルの機能性

    場所・時間の制約が無い

    ECでは、いつでもどこでも商品を購入できます。営業時間や立地によって機会損失を生むおそれがない点は、ECならではの強みです。一方、在庫が切れてしまうと購入できなくなってしまうため、適切な在庫量の維持には注意が必要です。

    低コストで始められる

    近年では、無料でECサイトを構築できるカートASPが数多く登場しており、PCさえあればコストゼロでECを始めることも可能です。小規模ECサイトであればほとんど初期投資が必要ないため、スモールスタートに適したビジネスモデルといえます。
    なお、ECの運営にかかるコストは、小規模サイトなら販売手数料のみ、一定以上の規模のサイトなら月額数万円から数十万円ほどです。

    デジタルでしかできない機能の実現

    オンラインプラットフォームとしての特徴を活かして、デジタルならではの機能を利用できるのもECのメリットです。たとえば、ECでは顧客や購買に関するデータを自動的に収集して分析できます。

    ECのデメリット

    ECには、以下のようなデメリットがあります。

    • 実際の商品を見られない
    • 集客が難しい
    • 知識やノウハウが必要

    実際の商品を見てもらえない

    ECでは、購入前に実際の商品を見られません。そのため、商品画像や寸法、レビューなどの情報を充実させて、実際の商品と購入前のイメージに乖離が生まれないよう工夫することが大切です。
    また、自宅で試着できるサービスや購入後のサイズ変更ができるサービスを提供するのも一つの手です。

    集客が難しい

    ECは、実店舗に比べて集客が難しいといわれています。立地や場所の制約を受けない分、ターゲットとなる顧客の絶対数は増えるものの、オンライン上のコンテンツに流入させるのは簡単ではありません。Web広告やSNSなどをうまく活用する必要があるでしょう。

    最低限の知識が無いと軌道に乗るまで時間がかかる

    前述のとおり、ECの集客にはマーケティングの知識が必須です。そのほかにもサイト設計、業務フローの構築をはじめ、ECならではのノウハウが必要とされるため、知識やノウハウがない状態だと軌道に乗るまでに時間がかかります。はじめてECに挑戦する際は、EC運営に知見をもった社員やアドバイザーを採用するのがおすすめです。

    実店舗とECの強みを融合させるオムニチャネル化

    実店舗とECのオムニチャネル化
    近年、実店舗とECを併用する企業が増えています。それぞれ大きく異なる販売方法ではありますが、互いに補完しあって新たな顧客体験を生み出そうとする考え方です。
    以下では、オムニチャネルの概要やメリットについて解説します。

    オムニチャネルについては こちらの記事 でも詳しく解説しております。

    オムニチャネルについて

    オムニチャネルとは、あらゆるチャネルを統合して顧客体験の質を高める施策です。実店舗、ECサイト、SNS、アプリとチャネルが多様化する中、各チャネルにおいて一貫した顧客体験を実現することを目指します。

    オムニチャネルのメリット

    オムニチャネルには、以下のようなメリットがあります。

    • 会員情報の一元管理
    • 在庫の一元管理

    会員情報の一元管理

    チャネルごとに会員情報を管理していると、すでに実店舗で購入した商品をECサイトでレコメンドしたり、実店舗とECサイトでポイントを連携できなかったりする可能性があります。いずれも顧客体験を損なう原因になりかねません。
    一方、オムニチャネルによって会員情報を一元管理できていれば、実店舗・ECサイトの双方で同じデータが共有されます。一元管理した顧客情報をもとに、細やかなプロモーションができれば、ロイヤリティの向上にもつながるでしょう。

    在庫の一元管理

    在庫情報を一元管理できる点もオムニチャネルの強みです。在庫情報を一元管理できると、一方に在庫がなくても、もう一方に在庫があれば手配して商品を販売できます。在庫切れによる販売機会の損失は、店舗にとって大きな打撃です。そのため、顧客体験の改善だけでなく、店舗の売上向上にも役立つでしょう。

    コロナ禍で変化する実店舗での「顧客体験」

    コロナ禍での変化
    コロナ禍において外出自粛が推奨される中、ECに対するニーズは劇的に増加しました。一方で実店舗における顧客体験にも変化が生まれています。
    アフターコロナの来店に期待することに関する調査結果によると、消費者の間では以下のような意見が多くあがっています。

    • 実物を見て購入したいから
    • 実物を試して購入したいから
    • 店の世界観・雰囲気を楽しみたいから
    • 店舗でしか食べることのできないメニューがあるから
    • 複数人で外食する場合は、店舗の方がコミュニケーションを楽めるから

    結果からは、店舗内でリアルな顧客体験を楽しむことへのニーズが強いことがわかります。つまり、ウィズコロナ・アフターコロナの世界においては、実店舗ならではの顧客体験を追求できるかどうかがポイントとなるでしょう。

    まとめ

    実店舗についてのまとめ
    実店舗やECを取り巻く環境は日々変化しています。とくに新型コロナウイルスの感染拡大は実店舗への来店機会を減少させ、消費生活にも大きな影響を与えました。
    一方、いまだに実店舗の利用を好む消費者は多く、コロナ禍において実店舗ならではの顧客体験を求める方向に変化が生まれています。

    フルスクラッチでご希望のECサイトを制作します 再規模ECサイトにも対応可能!

    期間中の投稿はありません。